チョークアートとは

About Chalkart

チョークアートには大きく分けて3つの種類があります

MENU & SIGN
メニューやサイン

オイルパステルという画材を使用して描くものが一般的です。 オイルパステルで描かれたイラストレーションは、指で触れても雨にぬれても、落ちることはありません。 余白部分は、通常のチョークで かき消しができますので、看板やメニューボード以外でもインフォメーションボードとしても 使うことができます。

PERFORMANCE
パフォーマンス

「ストリートチョークアート」といわれる分野で地面にチョークパステルを使用して大きな絵を描くパフォーマンスとして知られています。だまし絵のような立体の絵を描いたり、イベント性の高いアートで、見る人が描かれる途中経過を楽しんだり、雨が降ったら消えてしまうというはかなさを持っています。

PERFORMANCE
パフォーマンス

「ストリートチョークアート」といわれる分野で地面にチョークパステルを使用して大きな絵を描くパフォーマンスとして知られています。だまし絵のような立体の絵を描いたり、イベント性の高いアートで、見る人が描かれる途中経過を楽しんだり、雨が降ったら消えてしまうというはかなさを持っています。

PICTURE
絵画

アメリカでは、大きな黒のキャンバスに大胆な風景などを描くパステル画としても知られており、教会をはじめ、 家やオフィスなどに飾られるアートとして知られています。

チョークアートの効果と可能性

Group-73.png

チョークアートは、子供から大人まで、誰もが簡単に楽しむことが出来ます。幼い時からチョークアートに親しむことで、色彩感覚や構図を組み立てる能力が育まれます。ひとつのことに向き合う集中力が向上し、上手に塗るための創意工夫する力も養われる魅力があります。作品が完成した時の達成感も大きな魅力の一つです。また大人にとっては、ストレス発散やリラックス、集中力を高めるなどの効果があると言われています。一日一時間、ゆっくりキャンバスに向き合うことで、不思議なほど心が落ち着いて緊張が ほぐれていくのを感じることが出来る効果がチョークアートにはあります。